JCDAコンサート作曲家個展シリーズ5〜三善晃

2015.01.11 Sunday 09:44
0



    昨日はJCDAコンサート
    三善晃先生の個展に出かけてきましたonpu03
    この日1月10日は三善先生の生誕日で
    一昨年の10月に亡くなられた三善先生を偲びながら
    その作品を振り返るという企画でした。





    パンフレットの表紙には生前の
    やさしい微笑みをたたえる三善先生。





    曲目はこんな感じ。
    どの曲も三善先生の繊細な激情の宿る曲で
    色彩ゆたかな
    そして大変に奥行きのあるものばかりでした♪


    出演されたのは
    日本を代表するような素晴らしい合唱団ばかりでしたし
    かの三善先生の個展ということ
    JCDAの気持ちの入った運営ということもあり
    大大大盛況&大大大成功の演奏会でしたねニコッ


    作品の素晴らしさについてはもちろんのこと
    それに導かれるように次々と生まれる名演に
    何度も胸をえぐられました。


    素晴らしい作品
    素晴らしい演奏というものは
    音も
    言葉も
    その世界観も
    非常に明確で
    どんなにたくさん聴いても
    頭が冴える一方で
    もっともっと聴かせてくれ!!
    という気持ちになりますぴのこ:)


    このクリアに
    キラキラと輝くコンサートに感じるのは
    大きな憧れとちいさな悔しさ。
    なぜこのステージに自分はいないのか、というkyu


    いつかこれらの曲と
    自分の全ての技術と心でもって真正面から向き合って
    このような演奏ができるようになることを目標に
    一歩一歩進んでいきたいと
    改めて感じた時間となりましたkyu





    パンフレットには
    今指導させていただいている
    桜楓合唱団とその母体である日本女子大学のことを
    三善先生が語った箇所もあり
    ちょっぴり背筋がピンと張る気がしました=3


    三善先生の作品は
    歌う人の心を人間の感情の底へと導き
    その機微に触れることのできるものです。
    多くの人の良心の見える演奏会にとても癒されました。
    関係者のみなさま、ありがとうございましたきらきら


    それでは今日はこのへんで。
    今日も良いうたをonpu03


    森田悠介



     
    category:合唱・指揮 | by:moppestcomments(0) | - | -

    アルテリーベ登竜門〜ソプラノ聴き比べないと〜

    2015.01.07 Wednesday 09:50
    0






      みなさま、明けましておめでとうございますきらきら

      2015年もどうぞよろしくお願いいたしますニコッ

      今年も駆け抜けてまいりますぴのこ:)





      さて、昨日(6日(火))は

      日本オペラを牽引する「二期会」の

      新人歌手によるコンサート、

      アルテリーベ登竜門「ソプラノ聴き比べないと♡」

      を聴いてきましたonpu03





      普段あまりオペラに縁のない僕ですが

      学芸大学時代の同期である

      ソプラノ歌手の高橋維(たかはしゆい)さんが

      このコンサートに選ばれて出演されるということで

      応援しに行ってまいりましたき





      学芸大学の大学院まで卒業された後

      東京芸術大学の大学院に進学されて

      その卒業後も研鑚を続ける高橋さんは

      大学時代もとても軽やかで華やかだなぁと感じていましたが

      さらに磨きがかかって一緒に勉強していたと言うのも憚られるくらい

      輝きを放っていましたエクステンション





      「応援」と書きましたが

      その芸術的な素晴らしい演奏に身を委ね

      心から楽しんできちゃいましたkyu





      同時に何か勉強になることはないかな…

      と必死に観察して…ねこ











      この日の出演者は

      同じ「ソプラノ」だけれど

      声質の異なる三人。

      高橋さんは一番軽いソプラノで

      オペラの世界で細かく分類される声種で言うと

      「ソプラノ・リリコ・レッジェーロ」。

      他の二人は

      「ソプラノ・リリコ」と

      「ソプラノ・ドラマティコ」。

      少しずつ「重い声」と言われる声種になってきます。





      この声種によって

      オペラの中での配役なんかも変わってくるわけで

      声楽家にとっては自分がどの声種に属するかということは

      とても重要な研究要素になってきます
      き





      僕はあまりオペラを聴く機会がなく

      知識では知っていましたが

      実際にこうやって三種のソプラノをそれと意識して順に聴くのは

      初めてでしたので

      とても興味深く聴かせていただきましたonpu03





      三人とも全く違う声なのですが

      そんな三人に共通して言えることは

      きちんと支えられていて声門への圧力のコントロールが

      最大限になされていること。

      常にパワー&エネルギーと動的な柔軟性のバランスがとられていて

      レガートをドラマティックに歌い上げたと思えば

      細かいメリスマや速い動きを自在にこなす…

      日本の最高峰の歌い手の方たちとは言え

      やはりやっていることを想像すると唸り声が出てしまいますkyu





      さぁそんな華やかなコンサートでは

      オードブルやドリンクも用意されていて

      心にも体にもおいしい時間を過ごさせていただきましたニコッ











      中にはトークも入り











      きらびやかな三重唱や

      ダンスなどの振りもあって…











      全て歌い終わると「brava!!!」の嵐矢印上

      心から尊敬を込めて

      そして同級としても本当に本当に嬉しくて

      大きな拍手を送りましたkyu





      余韻に浸っていると

      高橋さんがわざわざ席まで来てくれたので

      感想を伝えてから写真を撮らせていただきました〜手











      はい、超美人ですセリザワさん

      鼻の下は伸びてませんよ。

      そう見えるかもしれませんが笑





      高橋さんと

      昨日共演されたお二人の

      今後のますますのご活躍を

      心からお祈りしていますお願い





      それでは今日はこのへんで。

      今日も良いうたを!





      森田悠介











      category:合唱・指揮 | by:moppestcomments(0) | - | -

      Voces8 Christmas Concert 2014

      2014.12.26 Friday 15:00
      0



        12月23日はイギリスの若手アンサンブルグループ
        Voces8のコンサートを聴いてきました





        というわけでやってきたのは東京オペラシティコンサートホール
        音楽家ならだれもが憧れる聖地のようなホールですね





        このホールみなさん良くご存知だと思いますが
        天井がピラミッドのような形をしています





        典型的なシューボックス型のホールで
        音響的にも室内音楽には非常に理想的な響きを作りだしてくれます





        プログラムはこんな感じ。
        このVoces8、もともと何で知ったかと言うと
        YouTubeなんです


        僕が初めて彼らの演奏に触れたのは
        ホルストの「Nunc Dimittis」という曲の音源としてで
        そのはつらつとした瑞々しい演奏にとても感激したのを良く覚えています。


        良ければその演奏をお聴きください
        Nunc Dimittis by Voces8


        彼らのほとんどは30代で
        この映像は2006年と書いてありますから
        おそらくまだ20代のころの演奏だと思いますが
        一流のアンサンブルグループの片鱗が見えます。


        そんなこんなで楽しみにしていた今回のコンサート。
        一言で言えば想像以上でした


        本当に細かいことを言えば
        様々な部分の処理の仕方が
        例えばKing's SingersやTallis scholars程に
        洗練されていないように感じたものの
        将来的にそういったグループにも
        肉薄するような力をもったグループだとさえ感じました


        もちろんすでに世界的に有名なグループではありますが
        これからさらに注目のアンサンブルではないかと思います。
        みなさまもぜひご注視あれ





        ああ、あんなアンサンブルができたら良いなぁ
        なんて思いながらオペラシティを後に
        素敵なクリスマスのプレゼントでした


        では、そんな今日も、素敵なうたを♪


        森田悠介








        category:合唱・指揮 | by:moppestcomments(0) | - | -

        上尾児童合唱団&森田悠介音楽教室 X'mas concert 2014〜本番&パーティー編〜

        2014.12.25 Thursday 07:39
        0






          さぁ、というわけで

          今回はクリスマスコンサート本番とパーティーの様子を

          さらっとお届けしていきますサキさらっとね

          (準備の様子はこちら♪











          うれしいことに

          客席も玄関も満員kyu

          でも立ち見は出ることなくはじめられました手





          トップバッターと2番目は年中の生徒さんonpu03

          立派に弾いてくれましたハート







          Mちゃん(年中) お母さんと連弾で







          Mちゃん(年中) 初めての両手で弾く曲に挑戦





          そして3番目は

          娘のあかり。

          ピアノは教えていないし

          習ってもいないのですが

          弾きたいと言うので

          保育園で教わった「ひげじいさん」を

          弾くことに笑







          あかり(年長) ひげじいさんでデビュー





          そして熱演が続き…

          いや、みんな本当に良く弾きました。

          ピアノを始めて半年とか

          受験間只中とか

          色んな状況の中

          それぞれのベストの演奏をしてくれました。

          そして、僕も感謝の気持ちを込めて少し演奏して







          ドビュッシー「アラベスク第1番」





          ピアノの発表のあとは上尾児童合唱団(ACC)の登場ですonpu03

          今回は13日(土)の平方アッピーパークの本番同様

          3パートに分かれるア・カペラの曲から始め

          ジングルベルやきよしこの夜などのクリスマスソング、

          そしてエーデルワイスやホール・ニュー・ワールドなどの映画音楽を

          お届けしました手











          最後は「アナと雪の女王メドレー」を

          団員のお母さんが所属する手話ダンスグループ「Sign」のみなさんと

          共演させていただき新鮮なパフォーマンスとなりましたニコッ





          こうして大盛り上がりの

          2時間にわたるコンサートが終わり

          いよいよパーティーき











          コンサート会場だったスタジオが

          パーティー会場に早変わりonpu03

          子どもたちのテンションもこの日MAXに(おいおい)kyu











          例のケーキレンジャーも

          ストロベリーズとともに

          神々しく「その時」を待ちわびているようあ





          と、その前に

          いらしてくださった「Sign」の方たちに

          パフォーマンスを見せていただいて

          ヴォルテージ最大!!











          待ちに待ったケーキ入刀

          初めての共同作業でございます…











          この子どもたちの笑顔きらきら













          お姉さん席







          仲良しトリオ席







          やんちゃ席(※すべての写真に写っている子は本当はここの席です)





          今回のメニューは

          特大ケーキ

          えだまめ

          サンドイッチ

          お菓子

          結構お腹が満たされましたねペコちゃん











          お腹が満たされたあとは

          プレゼント交換♪by女子チーム







          プレゼント交換by男子チーム











          特に男子は大当たりだったようで

          みんな最高の笑顔で喜んでいました〜矢印上

















          前回は男女一緒にやったところ

          男女は別にしようよ〜という声があがり

          なんとか男子だけでもできる人数だったので分けて行いましたが

          今回は「年齢でもわけようよ〜」という声が…

          次回は人数を見て分けても良いかな〜ぴのこ:)





          このあと

          みんなが大好きな伝言ゲームをやって

          景品の駄菓子をいっぱいくばって

          解散となりましたkyu





          今年もたくさんの方に助けていただきながら

          あたたかく楽しいコンサート&パーティーになったかなと

          胸をなでおろした次第です♪





          みんなお疲れさま!





          ではでは今宵は素敵なクリスマスを。

          クリスマスメリークリスマスクリスマス





          森田悠介













          category:子どものための音楽教室 | by:moppestcomments(0) | - | -

          上尾児童合唱団&森田悠介音楽教室 X'mas concert 2014〜準備編〜

          2014.12.23 Tuesday 18:58
          0



            今年もこのイベントがやってきましたonpu03昨年の様子はこちらから
            森田悠介音楽教室最大のイベントサキ
            上尾児童合唱団(ACC)との合同クリスマスコンサート&パーティー手
            先週末21日(日)に盛大に開催しました〜♪


            今回は写真コメント形式で進めていきますき
            まずは当日の準備の様子をどうぞ〜kyu


            =============================


            この日はお手伝いの子どもたちに朝10時にスタジオに来てもらって
            14時の開場に向けて飾りつけやケーキ作りをしてもらいましたきらきら


            まずは全員で雑巾を持って床をふきふき…





            そしてこの子ども用の客席となるマットを組み合わせますkyu
            ACCのジュニアクラスの子どもたち中心に
            お姉さんたちにも手伝ってもらって
            苦戦しながらもきれいに完成きらきら


            作ったあとはジュニアたちの遊び場に=3





            背の高いシニアクラスの子どもたちには
            高い位置の飾りつけを…





            こちらは窓ガラスに飾りつけ…






            そしてスタジオの顔となるセンターウォールには
            お母さんたちに…


            そんなこんなで準備を進めつつ…
            お昼ごはんを注文してもらおうと
            遊んでいたジュニアの子どもたちを捕まえて
            出前ラーメンのメニューを渡すと
            しばらくみんなで丸くなって見ていましたが…





            「ねえ、っていうか読めるの?」
            という一言笑
            とりあえず読めるものの中から
            選んだようです手


            いやぁ、かわいかったkyu





            飾りつけの終わったメンバーと
            お母さん方でそろそろケーキ作りに移ります。





            まずはクリームをホイップするところから。
            この二人、この瞬間を待ってましたとばかりに
            張り切って撹拌しますonpu03
            もちろん、クリームをなめるのが大きな目的ですき


            そんなこんなで忙しくしていると
            出前のラーメンが到着矢印上
            作業を一時中断してみんなでラーメンパーティーペコちゃん








            昨年は一人一個注文して
            量が多かったので何人かでシェアしつつのお昼でしたが
            逆に今回は「足りな〜い」というメンバーも汗
            加減が難しいなぁ笑


            そんなこんなでさっさと食べ終え準備再開。





            昨年同様フルーツもりだくさん
            生クリームたっぷりのホールケーキが少しずつ姿を現します♪











            やはりケーキのデコレーションは性格が表れますきゃvネコ





            こちらはワイルド男子デコ筋肉





            こちらはハートたくさんの女子デコと
            大盛りの女子デコおいしそう





            部屋の飾りつけも着々と準備がすすみます。





            ジュニアは相変わらず遊んでますけども笑





            椅子もきれいに並べて…
            いよいよ準備完了です!!!


            それでは完成したスタジオの様子2014X'mas ver.を
            ご覧いただきましょうkyu



            X'mas Tree A


            ここには手作りのプレゼントもぶら下がっています♪




            X'mas Tree B



            Center Wall Tree



            Window!!



            Welcome Board & Leaflet!!



            Cake A



            Cake B



            Cake B again



            Cake C



            Cake D



            Cake Ranger!!





            さぁ今年もこうして無事に14時の開場を迎えられました〜onpu03



            準備を終えキッチンで談笑するお母さんたち…


            本番の様子はまた次回。
            いやぁ準備でもうくたくた汗
            本番はこれからだっちゅうにねこ


            ではでは〜


            森田悠介






             
            category:子どものための音楽教室 | by:moppestcomments(0) | - | -

            上尾児童合唱団 イベント出演

            2014.12.18 Thursday 10:52
            0
              先日(12月13日(土))、
              上尾児童合唱団(ACC)の子どもたちとイベントに出演させていただきましたonpu03
              その名も上尾市青少年育成連合会平方地区会議主催の平方アッピーパークき


              1曲目はシニアクラス(現在:小学2年生〜高校2年生)の子どもたちだけで
              円になってア・カペラのアンサンブル。
              少し厳かな時間が流れます。





              最近ようやくはもることに慣れてきたので
              初めて祝3パートに分かれる
              ア・カペラの歌に挑戦しましたkyu


              クリスマスシーズンということで
              「荒野のはてに(グローリア)」を演奏。


              こういう歌をうたうと
              もろに合唱団の力が出ますが
              本番で、しかも体育館という環境で
              この歌いきることができて
              彼らの成長を改めて強く感じましたし
              きっと自信につながったのではないかなニコッ





              打って変わって2曲目は
              ジュニアクラス(年中〜小学1年生)の子どもも混じっての「ジングルベル」onpu03





              ACCお決まりの最後のポージングもkyu





              3曲目はふたたび静かに
              「きよしこの夜」。
              昨年この曲を歌ったときは斉唱でしたが
              今年は2パートで。
              年中のメンバーもいる全体合唱では
              この2パートの歌でもかなり挑戦的なことなんです筋肉


              またこの曲が声もよくそろって
              音程もばっちり手
              指揮を振りながらこの子たちの底力に関心ぴのこ:)





              そしてこれもACCお決まりの
              ジュニアクラスだけでのパフォーマンス。
              年中から小学1年生のメンバーペコちゃん
              12月から1人仲間が増えて7人になりましたonpu03
              彼ら、とっても小さいのですが
              舞台での姿はなかなか堂々としたもので
              身体全身を使った表現と明るくかわいらしい歌声が
              お客さんに大人気なんですよハート


              4曲目の
              「ほっぺほっぺ」という曲。
              子どもたちのほっぺのやわらかさが伝わる笑
              なんともかわいらしい歌ですkyu





              5曲目は「めざせチャンピオン」。
              これは
              1ブラブラチャンピオン
              2ピョンピョコチャンピオン
              3じーっとチャンピオン
              を決める歌kyu
              子どもたちのパフォーマンスも最高潮を迎えます笑





              「めざせ〜 ブラブラ〜 チャンピオ〜ン」と叫ぶワンシーンDocomo1





              3番の「じーっと」チャンピオンでは
              かなりアクロバティックなポージングで
              動きを止めますkyu
              これ生で見るとすごいんです。
              すんごい笑えます笑





              ジュニアのパフォーマンスでほっこりした後は
              シニアクラスだけでのエーデルワイスきらきら
              英語と日本語の歌詞で
              2パートに分かれて歌います。
              ACC本気の本格合唱ですonpu03
              ここでも密度の高い声が聴こえてきて
              彼らの成長を感じる演奏となりましたサキ





              最後は全員(僕も一緒に)で
              映画「アラジン」のホール・ニュー・ワールドきらきら





              少しだけ演出もつけて
              感動的に(なるように一生懸命)歌い上げますニコッ


              11月の上尾市民音楽祭出演のときにも感じましたが
              合唱団結成から1年半
              改めて子どもたちの成長を実感した本番となりましたサキ





              最後はいつものように集合写真手
              このあとオレンジジュースで乾杯をして解散しました〜


              今週末には
              森田悠介音楽教室との合同クリスマスコンサートと
              お楽しみ会がありますonpu03
              良い2014年の締めくくりとなるような演奏をしようね〜手


              それでは、今日も良いうたをkyu


              森田悠介




               
              category:合唱・指揮 | by:moppestcomments(0) | - | -

              【作品紹介】三宅悠太作曲「ぼくは ぼく」(混声3部合唱)

              2014.12.16 Tuesday 07:12
              0



                今回は作品のご紹介ですサキ
                工藤直子作詞、三宅悠太作曲
                「ぼくは ぼく」


                三宅悠太さんという作曲家、
                みなさんご存知ですかkyu
                学校音楽の現場でご指導されている先生方は
                目にされる機会も多いのではないかと思いますが
                趣味で合唱をされている方々にとっても
                今後、きっと合唱界の中心となる作曲家ですので
                ぜひご注目くださいき


                三宅さんは
                31歳の新進気鋭の作曲家ですonpu03
                お若いのですが
                今年もNHK全国学校音楽コンクールの全国大会で
                自由曲として作品を取り上げた学校が出場していたり
                前回紹介したharmonia ensembleのために作品を提供したり
                プロの声楽家や声楽アンサンブルグループの
                アレンジャーを務めたりと
                第一線で、多岐にわたる作品を書いていらっしゃいますきらきら


                YouTubeでNHKコンクールの模様をご覧になれるので
                ぜひ聴いてみてくださいonpu03
                岩手大学教育学部附属小学校 自由曲「いまの「いま」」
                ※三宅さんの曲は2曲目です。


                その作風はというと…
                いや色んな曲を書いていらっしゃるし
                僕もそんなにたくさんの曲を拝見させてもらったわけではないのですが・・・
                とにかく何曲か見た中で見えてくる共通点は


                繊細で丁寧な音楽であること。
                無駄がなく細部まで行き届いた音楽であること。
                何よりも人の「感覚」に直接訴えかけるような音楽で
                それは「温かさ」と「人間味」にあふれたものであるということ。


                何だか素人の感想みたいになってしまいましたが笑
                とにかく作曲技術を超えて
                皮膚感で歌う作曲家と言えるでしょう。
                もちろんそれって並外れた技術によって可能になるんです。
                名だたる作曲コンクールで第1位を取られているような作曲家ですし
                詳しい説明はここでは書きませんが
                例えばこの「ぼくは ぼく」でも
                伴奏の中に隠れるたくさんの工夫と
                無駄のない和音の配置やリズムマネージメントは
                誰にでもできるものではないのです。


                その技術を超えたところで
                音楽に命を吹き込むというのは
                才能と努力の成せる業なのでしょうニコッ


                さてさて
                そんな三宅さん作曲の「ぼくは ぼく」ですが
                作詞は工藤直子さんの「のはらうた」シリーズの
                からすえいぞうくんが主人公の物語です。


                からすくんの
                つつましさとやさしさ
                そしてやわらかく広がる心が見える詩に
                その世界そのままの音楽がついています。


                真っ黒な翼のからすくんが
                「いろつきの はねが ほしいな と」
                思う場面では
                シンプルな上行の順次進行で「純粋な憧れ」を表現し
                (ピアノの中にかくれる副旋律も重要!)


                だみ声のからすくんが
                「ほんのすこし
                 いいこえで うたえたらな と」
                思う場面では
                初めて出てくる3パートTuttiのホモフォニックなハーモニーと
                下行型のメロディで
                「憧れのため息」のような表現となり


                そんなからすくんが
                「でも
                 これが ぼくだ と
                 とんでいく」
                という場面では
                高く長い音符と豊かなピアノ伴奏で
                気持ちよく空を飛ぶ姿が表現されています。
                ここでもピアノ伴奏にかくれる
                旋律やリズムが大活躍!


                学校のクラス合唱でも取り上げられそうな
                シンプルな音だけでつくられたこの世界観は
                素晴らしいとしか言いようがありません。


                ぜひみなさんも
                歌ってみてくださいkyu


                ちなみに今週末に
                scatola di voceで
                僕の娘と息子の保育園に演奏しに行くのですが
                そこで歌う予定ですonpu03





                ピースでの購入はできなくて
                直接教育芸術者に
                この「風をみつけて」という
                合唱曲集を問い合わせる必要がありますが
                800円+税で買えますし
                三宅さんの他の作品も入っていますので
                購入してみてはいかがでしょう手


                それでは
                今日も素敵な一日を〜


                森田悠介





                 
                category:合唱・指揮 | by:moppestcomments(0) | - | -

                harmonia ensemble Christmas Concert 2nd

                2014.12.15 Monday 15:18
                0



                  昨日(12月14日(日))は
                  harmonia ensemble(ハルモニア・アンサンブル)さんの
                  クリスマス・コンサートを聴いてきましたonpu03


                  このharmonia ensemble(以降ハルモニア)さんは
                  先日ご紹介したCombinir di Corista(通称コンビニ)さんと同じく
                  全日本合唱コンクール全国大会で活躍された経歴を持つ合唱団です。
                  ですが、コンビニさんとは大きく異なる部分が二つあります。


                  メンバーの年齢が若い(20〜30歳代前半のメンバーがほとんど)ということ。
                  基本的に指揮者を置かずに歌い手のアンサンブルを重視していること。
                  ※最近は必要に応じてコンマスが指揮をすることも多いようですが…


                  ハルモニアさんのHPに載っている合唱団の経歴をご覧になれば分かりますが
                  メンバーの多くは音楽大学の出身者で
                  そうでないメンバーも豊かな音楽経験を積んできた精鋭ぞろいの合唱団です。


                  彼らにはいくつもの伝説があります…
                  例えば全日本合唱コンクールの東京都大会と言えば
                  全国を見ても大変にレベルの高い地区大会なのですが
                  そこで審査員全員から1位の評価を受けて全国大会に出場されました。
                  当時とても話題になったのを覚えていますkyu


                  フィリピン・マドリガル・シンガーズの動画紹介のときに書いた
                  ヨーロピアン・グランプリ・コンクール(EGP)への出場を
                  結成数年にして果たしました。
                  2011年にフランスのトゥールにて行われたコンクールで見事グランプリを獲得しての
                  EGPへの出場でした。
                  当時、僕もちょうど別の合唱団の演奏旅行でフランスを訪れていたので
                  帰りの予定を少し延ばして見に行った彼らの勇姿を思い出しますきらきら


                  活動内容・実力ともに
                  日本でプロに最も近い合唱団ではないかと僕は思っています。
                  この辺りの話は長くなるので書きませんが…ぴのこ:)


                  しかも、同年代のメンバーが大半というのが
                  僕にとってはいつも良い刺激ですき


                  そんな彼らのクリスマス・コンサートを聴いてきたわけですが
                  何だかハルモニアさんもさらに進化しているなぁと。


                  前半は難易度の高いクラシカルな作品が多かったのですが
                  そのハーモニーの精度たるや…
                  それを実現可能にする自然な発声と
                  何よりも重要な集中力
                  耳の力
                  そして知性あふれる演奏。
                  脱帽です=3


                  どんなに歌えるメンバーが集まっていても
                  これだけの集中を保つのには
                  かなりの精神的な負荷があったはずです。
                  それに、もともと「感覚」に優れたメンバーでありながら
                  曲の構成・ハーモニー・音楽的な解釈を
                  知的な裏付けでもって確固たるものにしている辺り
                  素晴らしいバランス感覚でもって
                  多くの人に届く歌となっているように見えましたニコッ


                  メンバー全員が並みはずれた「感覚」を持っているだけに
                  余計にこの作業は面倒なはずで
                  おそらく様々な面で苦労を積み重ねながら完成した
                  コンサートだったのではないかと想像します。
                  いや、本当にすごい。。





                  前半も後半も素敵なプログラムでしたが
                  特に気になったのは
                  やはりジェンジェシとヤイロの作品笑
                  ヤイロのセレニティは
                  まさに今、scatolaでも取り上げてみたいと思っていた作品で
                  どこか縁のようなものを感じながら聴かせていただきました。





                  後半は前半とくらべると
                  聴きやすい内容のプログラムでしたが
                  しかしどれもしっかりとした編曲の作品で
                  普通は演奏するのに相当苦労しそうなものばかり汗
                  これらを軽々と歌い上げる彼らには本当に感服しますkyu


                  関心してばかりでいないで
                  少しでも参考にできるものはないかなぁと笑


                  そんなわけで自分たちでも参考にできる演奏技術について少し書くと…
                  発声的には
                  やはりかなり声門下圧を低く保つ意識が高いように見えました。
                  同時に「支え」によって体を固めることなく
                  適度な柔軟性を保つことで
                  声の俊敏性・動性を生み出し
                  ppでのロングトーンと
                  細かい音符の華やかな動きとを同時にこなせる発声が
                  きれいに実現されているのを感じました。
                  声門下圧が最大限にコントロールされ
                  声帯が丁寧に閉じられているので
                  息漏れによるノイズが少なく非常にクリアな音も実現されていました。


                  それにも増して最も印象的だったのは
                  「歌いだし」に対する発声の技術と意識の高さです。
                  どの歌いだしを取り出しても
                  声帯と呼吸のバランスの取れたオンセットで
                  それがフレーズ全体のしなやかさや
                  アンサンブルの精度を高めるのに一役も二役もかっているということが
                  伝わってきました。


                  一人ひとりの歌力と
                  合唱団の知性が見事にブレンドして
                  さらにさらに進化したハルモニアさんでしたニコッ


                  こういう演奏会を聴くと
                  早く練習したくなります矢印上
                  この土日合宿だったんですけどね〜


                  というわけで
                  ハルモニアさんのますますのご活躍をお祈りしつつ
                  僕らも彼らの背中を追いかけていこうと思いますonpu03


                  では今週も素敵な合唱ライフを手


                  森田悠介


                   
                  category:合唱・指揮 | by:moppestcomments(0) | - | -

                  団員作曲のMissa Brevisをうたう

                  2014.12.09 Tuesday 07:52
                  0



                    scatola di voceの団員には
                    作曲を勉強している学生がいます♪


                    彼の作品を卒業演奏会にて
                    演奏することになりましたkyu


                    彼はほとんど高校卒業と同時に
                    scatolaに入団してきた団員で
                    なんだかんだもうすぐ4年も一緒に歌っている
                    苦楽を共にしてきたメンバーの一人です。
                    今ではscatolaのコンマスとして
                    良く合唱団を支えてくれていますき


                    今回の全国大会出場も
                    彼の力なくしては難しかったでしょう=3


                    そんな彼が作ったのは
                    Credoを抜いた小ミサ曲ゆう★


                    この作品の特徴は
                    ​ルネサンス作品を思わせる
                    ポリフォニー音楽であること。
                    音響の面白さを確かめるようなハーモニー。
                    そして時に静かで
                    時に華やぐ信仰心。


                    作品を通して感じるのは
                    彼がscatolaで何を経験し
                    どんなことを感じてきたのか、ということ。
                    これまで共有してきたものの多くを
                    体現したかのような音楽に
                    何だか誇らしく
                    深く感動しながら練習を進めていますニコッ


                    そしてもちろん
                    scatola以外で得た音楽経験、人生経験をもとに
                    彼の想像力と創造力によって広がった
                    この作品の可能性を最大限引き出せるように歌いたい手


                    彼と一緒に歌えていることに
                    感謝感謝きらきら


                    いつか外での本番でも
                    彼の曲を取り上げてみたいなぁと
                    思ったり…ニコッ


                    では今日も素敵な合唱ライフを♪


                    森田悠介


                     
                    category:合唱・指揮 | by:moppestcomments(0) | - | -

                    Combinir di Corista クリスマス・チャリティ・コンサート♪

                    2014.12.08 Monday 07:23
                    0



                      昨日(12月7日(日))、
                      Combinir di Corista(コンビーニ・ディ・コリスタ 通称:コンビニ)さんの
                      クリスマス・コンサートを聴いてきましたonpu03


                      コンビニさんは
                      合唱界ではとても有名な合唱団で
                      日本で最も多くの一般合唱団が参加する
                      全日本合唱コンクール全国大会で
                      2009年から2012年まで
                      4年4連続で金賞と文部科学大臣賞(つまり第1位)を受賞されています。


                      昨年はコンクール自体お休みされていたようですが
                      2年ぶりに参加した今年のコンクールでも
                      再び金賞を受賞されましたkyu


                      全国大会は(当たり前ですが)非常に優秀な合唱団ばかりが参加しているので
                      審査が割れるのが当たり前で
                      普通は金賞を取るだけでも運の要素があるものですが
                      連続して1位を取るあたり
                      コンビニさんの安定感の表れでしょう。
                      常々、とても大人らしい演奏をされる合唱団だなぁと
                      見てきましたが
                      昨日はそんなコンビニさんのコンサートということで
                      大崎の教会まで足を運んできましたハート


                      ちなみに
                      全国大会は先月11月23日に行われたのですが
                      それから2週間というこのタイミングでの
                      コンサート。

                      …いつ準備したのだろう…
                      という単純な疑問があがります笑


                      そもそも基礎能力や基礎体力・バイタリティが違うのだろうなと思いつつ
                      何か得るものはないだろうかという気持ちと
                      純粋に楽しみな気持ちでもって聴いてきました。


                      そんな今回のコンサート
                      一言で言うと「やっぱり大人」です笑
                      これでは何の説明にもならないkyu
                      少し詳しく説明すると…


                      まずその【知性】。
                      今回は1曲1曲に団員の方が解説を入れながらの進行だったのですが
                      音楽的な分析とその曲のできた背景を丁寧に調べられていて
                      一般に良く知られているありきたりのクリスマス・ソングも
                      新しい切り口で聴くことのできる解説をしてくださいましたき
                      音楽を良く知っている方でないと語れないようなその内容に
                      とても興味深く聞かせていただくと同時に
                      そういったものを背景に練られた音楽はやはり聴きごたえがあるなぁとニコッ


                      もう一つ【発声】。
                      おそらく支えの感覚に特別な意識があるのではないかと思いますが
                      声門下圧がとても良くコントロールされていて
                      声帯に負担をかけない非常に丁寧な発声をされていると感じました。
                      共鳴腔による音の深さと
                      インナーマッスルとアウターマッスルの絶妙なバランスによって生まれる
                      声のアジリティ(敏捷性)が
                      洗練された音楽を作る礎になっているのだろうと思います。


                      さらにもう一つ「流れと量感」。
                      上記の発声と音楽が密接な関係を保ちながら作られる
                      非常に流麗な音楽が素晴らしかったです。
                      そしてこれは特に低声部
                      殊に男声ベースで強く感じたのですが
                      声が量感にあふれ
                      高声部を支える倍音に満ちているのも
                      印象的でした。


                      これらの基礎能力を持った合唱団が
                      指揮者の松村努先生によって
                      きちんと音楽を突き詰めることで
                      全国大会での好成績の維持を可能にしているのだと思います。


                      こう言葉にしてしまうと
                      簡単なようなのですが
                      そこにはきっと僕が気づいていない
                      複雑な要素もあって
                      またこのバランス感覚は一朝一夕で指導できるものではないので
                      やはり遠くにある合唱団だなぁと
                      改めて感じました汗


                      このコンサートは
                      パレスチナのガザ地区への支援をするためのチャリティということもあり
                      そのために会場のみんなで祈りを捧げたり
                      また団員や教会の方が焼いてくださったクッキーをいただいたりと
                      とてもあたたかい、そして意義深いコンサートでしたkyu





                      コンビニさんの
                      今後のますますのご発展とご活躍をお祈りしていますきらきら


                      それでは今日はこの辺で。
                      今日も素敵な合唱ライフをonpu03


                      森田悠介










                       
                      category:合唱・指揮 | by:moppestcomments(0) | - | -

                      Calender
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << September 2016 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 子どもの心のコーチング〜レビュー〜
                        tree
                      • scatola di voce 3rd concert 曲紹介♪その1
                        もりた
                      • 全日本合唱コンクール全国大会 in 千葉
                        もりた
                      • scatola di voce 3rd concert 曲紹介♪その1
                        まじ
                      • 全日本合唱コンクール全国大会 in 千葉
                        なかお
                      • 全日本合唱コンクール全国大会 in 千葉
                        もりた
                      • 全日本合唱コンクール全国大会 in 千葉
                        まじ
                      • 初めての体験レッスンをしました♪
                        もりた
                      • 初めての体験レッスンをしました♪
                        Kaoru
                      • 子どもの心のコーチング〜レビュー〜
                        もりた
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM